TOKYU OOH

  • TOKYUOOHトピックス
  • インタビュー掲出事例
  • TOKYUOOHデータライブラリー
  • 電車路線図
  • 駅媒体マップ
  • 関係リンク
ID:
パスワード:
PAGE TOP ▲

広告掲出規則

1. TOKYU OOH広告掲出規則の基本理念

  • TOKYU OOHに掲出する広告は、公共の場で不特定多数の生活者へ提供する情報として、それにふさわしい品位と節度をもったものでなければならない。
  • TOKYU OOHに掲出する広告は、東急線・東急バスの安全な運行、乗降客の利便性、既存商業施設等の運営を妨げるものであってはならない。
  • TOKYU OOHに掲出する広告は、青少年の健全な育成に関する条例等に基づき、広告掲出内容については青少年に及ぼす影響について配慮する。
  • TOKYU OOHに掲出する広告は、医療法、薬事法、不当景品類及び不当表示防止法等の各種法令を遵守する。

2. 表現規制

  • 公序良俗に反するもの
    1. 男女のヌードを添えた意匠。
      1. 絵画に関しては審査の上承認する場合がある。
    2. 広告表現上必然性のない下着や水着の写真。
      1. 下着の広告におけるモデルの下着姿、プールやビーチレジャー等の広告における水着姿は可。
    3. 暴力や反社会的行為を肯定的に描いた意匠。
      1. 銃・刃物・暴力をあおるもの、自傷行為を肯定するようなもの等。
      2. 犯罪を示唆したり、社会的に悪と見なされるものを推奨または肯定するもの。
    4. 虚偽もしくは不正確な表現で、事実と誤認される恐れのあるもの。
    5. 法規に抵触する恐れのあるもの。
    6. 性に関する表現のうち、以下のもの。
      1. 性に関する表現が、露骨または挑発的なもの。
      2. 性犯罪を興味本位に取り上げていたり、痴漢等の性犯罪を誘発・助長するもの。
      3. 児童や未成年の性行動に関するもの。
    7. いじめや人権侵害を想起させるもの。
    8. 個人や法人の名誉を毀損する可能性のあるもの。
    9. その他公共の場にふさわしくないと判断するもの。
  • 公衆に不快の念を抱かせるもの
    1. 男女の別なく不快の念をもたらすもの。
    2. 病気や体質、老い等について過度にネガティブな表現。
    3. 血液、遺体、傷口等を興味本位に取り上げた表現。
    4. その他公共の場にふさわしくないと判断するもの。
  • 比較広告
    1. 「景品表示法」「不正競争防止法」「比較広告に関する景品表示法上の考え方」、業界ごとに定められている公正競争規約や自主規制を遵守すること。
    2. 「比較広告に関する景品表示法上の考え方」(昭和62年公正取引委員会)により、比較広告は下記の3つの要件をすべて満たすこと。
      1. 比較広告で主張する内容が客観的に実証されていること。
      2. 実証されている数値や事実を正確かつ適正に引用すること。
      3. 比較の方法が公正であること。
    3. 他者を誹謗中傷している表現。
    4. 問合先の電話番号を表記すること。
    5. 根拠について確認できる最新の資料を提出すること。
    6. TOKYU OOHが不適切と認めたもの。
  • 過剰表現、その他誤解を与えかねない表現
    1. 誇大表現
      1. 「世界初」「業界初」「日本一」等の表記は、その根拠を明記すること。「低カロリー」等の表現についても同様。
    2. 故意に誤認を誘う表現
      1. 根拠のない「完全」「確実」「絶対」「100%」等。
    3. 効果効能の約束
      1. 「もうかる」「効く」「やせる」「すべてが解決」等。
    4. 効果効能の使用前使用後の対比。
  • 価格訴求、販売方法についての制限
    1. 価格についての表現が告知面の50%を超えないこと。
    2. 二重価格表示については、元の価格の根拠が明確であること。
    3. 投げ売り、特売、早い者勝ち等、契約を急がせる表現でないこと(「先着順」は手続き説明であり、これに当たらない)。
    4. その他消費者に誤解を与えるとみなす表示・表現は不可。
  • タイアップ広告
    1. 同一の商品・サービスに関連するもの、及び内容・表現に関連性、統一感のあるものに限る。
    2. 連合広告とみなす内容・表現については掲出を認めない。
    3. 事前デザインチェック(表現によっては掲出を認めない場合がある)。
  • その他
    1. 関東交通広告協議会「広告掲出審査判断基準」に準ずる。
    2. TOKYU OOHが不適切と認めたもの。

3. 業種・商品別掲出規制

  • たばこ
    内容規制
    1. 財務省告示によるものとし、原則として不可。ただし、マナー広告は審査の上承認する。
  • 貸金業(消費者金融等)
    広告主条件
    • 日本取引所グループ(JPX)に上場している企業。
    • 未上場の企業であっても相当の組織及び実績があるとTOKYU OOHが認めた企業。
    内容規制
    1. 事前デザインチェック(表現によっては掲出を認めない場合がある)。
    2. 利息制限法の制限利率の範囲内で貸付を行う商品に限る。
    3. 誇大な表現及び安易な借入を助長するものは不可。
    4. 「ご利用は計画的に」等の標語を明示すること。
    掲出対象媒体
    1. 東急線広告媒体(バス含む)。
      ※銀行のカードローンについても、同様の取扱いとする。
      ※上記「掲出対象媒体」以外の媒体については、申込みを受けるか否かの段階からの協議とする。
  • ギャンブル
    内容規制
    1. 射幸心を煽るものは不可。
  • 風俗営業
    内容規制
    1. 「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」に定める施設については掲出を認めない。
    2. 特例として麻雀屋、パチンコ店については掲出を認める場合がある。
  • パチンコ
    内容規制
    1. 事前デザインチェック(表現によっては掲出を認めない場合がある)。
    2. 原則として店舗広告(店舗の立地場所、遊技機の種類等に限る)及びパチンコ機器メーカーとする。
    総量規制
    1. 駅ばり:1駅B1換算8枚まで(集中掲出は要相談)。
    2. 中づり:総容量の10%を目安とする(女性専用車 中づりジャック、TOQライナーは掲出不可)。
    3. まど上(全線): 総容量の10%を目安とする。
    4. 看板:1駅毎に総容量の10%を目安とする(渋谷駅・Aランク駅の改札付近は掲出不可)。
    掲出対象外
    1. 上記以外の媒体については掲出不可。(バス除く、但し別途総量等規制あり)
  • 宗教宗派
    その都度協議する。
    広告主条件
    1. 教団・教祖の活動が法律に抵触していないこと、及び法律に抵触している可能性があると社会的問題になっていないこと。
    ● 内容規制
    1. 事前デザインチェック(表現によっては掲出を認めない場合がある)。
    2. 意見広告とみなされるもの及び教団名、教祖の名前や肖像がデザイン上大きく扱われているものは不可。
    3. 教義・経典の類、布教を目的とするもの、及び他の宗教・宗派、特定の団体・個人に対する言及(批判・中傷等)するものは不可。
    掲出対象媒体
    1. 中づり、まど上(全線)、ドアステッカー、ツインステッカー、駅ばり、看板
    2. 【バス】車内各種ポスター、車内各種ステッカー、車内扉上
      ※ただし、長期契約はいたしません。
      ※上記「掲出対象媒体」以外の媒体については、申込みを受けるか否かの段階からの協議とする。
    掲出対象外
    1. 女性専用車 中づりジャック、TOQライナー、トークボックス、車体広告
  • 病院・医院
    内容規制
    1. 平成20年11月4日付 厚生労働省医政局総務課による「医療広告ガイドライン」を遵守する。
  • 美容・エステティックサロン
    内容規制
    1. 社団法人日本エステティック協会、または社団法人日本エステティック業協会の会員企業、もしくは相当の組織及び実績があるとTOKYU OOHが認めた企業。
    2. 事前デザインチェック(表現によっては掲出を認めない場合がある)。
    3. 医療行為と誤解を与える表現や、医学的な効果を得られるかのような表現は不可。
    掲出対象外
    1. 女性専用車 中づりジャック、TOQライナー、トークボックス、車体広告
  • 結婚紹介業・結婚情報サービス業
    広告主条件
    1. 『日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC)』加盟会社、もしくは相当の組織及び実績があるとTOKYU OOHが認めた企業。
    内容規制
    1. 事前デザインチェック(表現によっては掲出を認めない場合がある)。
    掲出対象媒体
    1. 中づり、まど上(全線)、ドアステッカー、ツインステッカー、駅ばり、看板
    2. 【バス】車内各種ポスター、車内各種ステッカー、車内扉上
      ※ただし、長期契約はいたしません。
      ※上記「掲出対象媒体」以外の媒体については、申込みを受けるか否かの段階からの協議とする。
    掲出対象外
    1. 女性専用車 中づりジャック、TOQライナー、トークボックス、車体広告
  • 弁護士・司法書士・行政書士に関する広告
    内容規制
    1. 事前デザインチェック
      (チェックの際は日本弁護士連合会の定める広告に関する規定・運用指針に基づく。表現によっては掲出を認めない場合がある)。
    総量規制
    1. 駅ばり:1駅B1換算8枚まで。
    2. 中づり:総容量の10%を目安とする(女性専用車 中づりジャック、TOQライナーは掲出不可)。
    3. まど上(全線):総容量の10%を目安とする。
    4. ドア上:総容量の10%を目安とする。
    5. 看板:1駅毎に総容量の10%を目安とする(渋谷駅・Aランク駅の改札付近は掲出不可)。
    掲出対象外
    1. 上記以外の媒体については掲出不可。(バス除く、但し別途総量等規制あり)
  • 酒類
    内容規制
    1. 「未成年者の飲酒は法律で禁じられています」「お酒は20歳になってから」等、未成年飲酒防止のコピーを付加すること。
  • 出版
    内容規制
    1. 原則として市販されている書籍・雑誌の広告を対象とする。
    2. 出版広告の形式をとりながら選挙の事前運動等の売名行為が主な目的の表現内容は不可とする。
  • 映画
    内容規制
    1. 映倫(映画倫理委員会)によるR18指定映画の告知は不可。
    2. R15、PG指定映画については、審査の上承認する(作品の内容・表現によって許可しない場合がある)。
  • ゲームソフト
    内容規制
    1. CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)による年齢区分マークZ指定のゲームソフトの告知は不可。
    2. 年齢区分B、C、D指定のものについては審査の上承認する(ゲームの内容・表現によって許可しない場合がある)。
    3. Q'S WALLについては対象外とし、別途屋外広告の項目を参照すること。
  • 医薬品
    内容規制
    1. 薬事法の広告規制を遵守すること。
      「治る」「やせる」「軽くなる」等の効果効能を確約するような表示をしないこと。
  • コンタクトレンズ
    内容規制
    1. 「コンタクトレンズは医療器具です。眼科医の処方により、正しくご使用ください」の主旨の表示が必要。
  • 不動産業
    内容規制
    1. 公正競争規約による表示規制。
  • フィットネス・スポーツクラブ
    内容規制
    1. 商品やサービスの品質・内容の表現とされる肌の露出は、審査の上TOKYU OOHが適切と判断したものに限り、対象媒体のみ掲出を許可する。
    掲出対象媒体
    1. 女性専用車 中づりジャック、TOQライナー、トークボックス、車体広告を除くTOKYU OOH媒体。
    掲出条件
    1. 広告表現上必然性のない意匠は不可とする。
    2. 男女の別なく不快の念をもたらすものは不可とする。
    3. 効果について、下記の事項に該当するものは掲出しない。
      • 故意に誤認を誘う表現 例)根拠のない「完全」「確実」「絶対」「100%」等
      • 効果効能の約束 例)「効く」「やせる」「すべてが解決」など、効果効能の使用前使用後の対比。
    4. 事前広告主審査を受け、許可をした広告主に限り受け付ける。
    5. 掲出デザインは、都度審査を行い承認請けたものに限る。
    6. 掲出期間中に広告主や業界において社会的問題が発生した場合は、直ちに掲出をお断りする場合がある。
      その際申込期間満了前でも、広告料金等の返金はしない。
    7. その他、TOKYU OOH広告掲出規則に準ずる。
  • 探偵業・調査業
    掲出対象媒体
    1. 車両広告:まど上(各路線シングルサイズ・2クライアントまで)、ツインステッカー(1枠のみ)
    2. 駅構内広告:看板(1駅2面または設置面数の1割のいずれか少ない方)
      ※看板の掲出場所はS・A等級の改札廻り・階段廻りは不可とする。
    掲出条件
    1. 広告主の経営体制に問題無く、実績や組織においても問題ないと判断した広告主に限る。
    2. 都道府県の公安委員会への届け出をしていない広告主の掲出は不可。
    3. 個人情報の保護に関する法律を厳守し、契約書に利用目的などを明記している企業に限る。
    4. 社団法人日本調査業協会に加盟している企業に限る。
    5. 「探偵業の業務の適正化に関する法律」及び社団法人日本調査業協会の倫理網領や自主規制を厳守する。
    6. 個人調査(身元・結婚)に関する表現は原則不可、調査結果を保証する表現は不可。
    7. 広告主名、所在地、電話番号は必ず表記する。
    8. 事前広告主審査を受け、許可をした広告主に限り受け付ける。
    9. 掲出デザインは、都度審査を行い承認請けたものに限る。
    10. 掲出期間中に広告主や業界において社会的問題が発生した場合は、直ちに掲出をお断りする場合がある。
      その際申込期間満了前でも、広告料金等の返金はしない。
    11. その他、TOKYU OOH広告掲出規則に準ずる。
  • IT事業(ECサイト運営、WEBサービス等)※二子玉川ライズテナント社は対象外とする
    内容規制
    1. 以下の対象媒体において、IT事業(ECサイト運営、WEBサービス等)に限り、同期間中の掲出は、1事業者のみ、且つ1媒体のみとする。(複数媒体同時掲出を不可とする)
    掲出対象媒体
    1. 二子玉川駅における、TOQサイネージピラー、ワイドサイネージ、階段壁面サイネージ、シーリングサイネージ、臨時集中ばり、行先表示器広告、フロア広告、アドスク
      ※駅貼りポスター、看板、シート広告、お知らせモニター、自動改札ステッカーは対象外とする。今後設置された媒体に関しては都度協議とする。
  • カード事業・電力事業
    内容規制
    1. 以下の対象媒体における、対象業種を告知する内容は掲出・実施を不可とする。
    掲出対象媒体
    1. カード事業(クレジットカードや各種ポイントカード等の告知):アドスクおよび各種イベントスペース
    2. 電力事業(企業告知や販売・サービス等の告知):女性専用車 中づりジャック、TOQライナー、トークボックス、車体広告、ピールオフなどの特殊駅ばり、アドスクおよび各種イベントスペース
  • 掲出を許可しない業種・商品
    1. 政治宣伝
    2. 特定の政党、政派の政治宣伝が目的とみなされるもの、立候補予定者の事前宣伝とみられるものは承認しない。
    3. 意見広告
    4. 暴力団関連
    5. マルチ商法
    6. 出会い系サイト
    7. その他上記に類するとみなすもの。
    8. 商品や企業活動におけるトラブルや触法行為が社会問題化した商品及び企業、またはそれに類するもの。
    9. TOKYU OOHが不適切と認めたもの。

4. 媒体別規制細則

  • 交通広告
    掲出できない広告
    • TOQビジョン
      1. 遊技場(パチンコ店、パチンコ機器メーカー及び麻雀屋を含む)。
    • ラック広告
      1. 遊技場(パチンコ店、パチンコ機器メーカー及び麻雀屋を含む)。
      2. 表周りにパチンコ、ギャンブル、貸金、質屋、脱毛等の表示があるもの。
    形状規制
    • ラック広告
      1. A4サイズのポケットに収まらないもの。
      2. ポケットに設置した際、自立しない紙質や落下しやすい形状等、設置場所の美観を損なう恐れのあるもの。
      3. アンケートハガキ等の別紙は、必ずのり付け等本誌へ固定してとじこむこと。はさみ込みのみは不可。
  • 屋外広告
    掲出できない広告
    • 全般
      1. 風俗関連。
      2. 遊技場(パチンコ店、麻雀屋を含む)。
      3. 蛍光塗料(蛍光フィルムを含む)を使用したもの。
    • ハチ公・南館ビッグシート、モヤイシート
      1. 東急カードの競合とみなす企業・サービスについては都度協議とする。
      2. 百貨店業・小売業、並びにこれに類するものについては都度協議とする。
      3. 価格・割引等の表示については都度協議とする。
      4. パチンコ機器メーカーについては都度協議とする。
    • Q2ポイント
      1. 価格、割引等の表示については都度協議とする。
      2. パチンコ機器メーカーについては都度協議とする。
    • Q'S WALL
      1. TSUTAYAの競合とみなすもの(CD、DVD等のレンタル、販売業)。
      2. 仮想移動体通信事業者(MVNO)の取り扱う、格安SIMとSIMフリー端末をセットにした商品・サービス(格安スマホ等)
      3. スターバックスの競合とみなすもの(コーヒーチェーン及びコーヒーチェーンブランド商品)。
      4. 価格・割引等の表示については都度協議とする。
      5. パチンコ機器メーカーについては都度協議とする。
      6. CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)による年齢区分B、C、D、Z指定のものについては審査の上承認する(ゲームの内容・表現についてTOKYU OOHが不適切と認めた場合は許可しない)。
    • 渋谷駅前エリアマネジメント広告
      1. 下着の広告におけるモデルの下着姿。
      2. 貸金業(消費者金融等)。
      3. ギャンブル。
      4. 宗教宗派。
      5. 渋谷駅前エリアマネジメント協議会が不適切と認めたもの。
  • SALUS掲載規則
    業種規制
    健康食品、健康器具
    1. 日本取引所グループ(JPX)に上場している企業、もしくは相当の組織及び実績があるとTOKYU OOHが認めた企業。
    2. 食品については、医薬品・医薬部外品であるかのような表現は不可。
    3. 栄養機能食品、特定保健用食品、特別用途食品及び財団法人日本健康・栄養食品協会で認可(「JHFA認定マーク」の表示を許可)された商品についても、法で定められた「期待できる機能」「表示することが許されている機能」を超えた表現は不可。
    4. 事前デザインチェック(表現によっては掲出を認めない場合がある)。
    5. 総量規制(1号で最大2社2ページ、1社1ページ)。
    6. 中面での純広告のみ。
    病院、医院
    1. 掲載は名称、所在地、医師の氏名、診療科目等に限る。
    2. 事前デザインチェック(表現によっては掲出を認めない場合がある)。
    3. 中面での純広告のみ。
    通信販売業
    1. 社団法人日本通信販売協会(JADMA)会員企業または日本取引所グループ(JPX)に上場している企業、もしくは相当の組織及び実績があるとTOKYU OOHが認めた企業。
    2. 広告掲載基準を満たす商品。
    3. 事前デザインチェック(表現によっては掲出を認めない場合がある)。
    エステティックサロン
    1. 痩身、脱毛目的のものは不可。
    2. 複数回コースのみ設定のメニュー、チケット制は掲出不可。
    3. ビジュアルでの施術写真、及び施術前・施術後の比較表現は不可。
    4. 価格訴求は告知面の10%程度まで。「無料お試し」「格安」の表現は原則不可。
    5. 総量規制(1号で最大2社2ページ、1社1ページ)。
    6. 中面での純広告のみ。
    掲載不可業種・商品
    1. 遊技場(パチンコ店、パチンコ機器メーカー及び麻雀屋を含む)
    2. 結婚紹介業・結婚情報サービス業
    3. 美容医療(美容整形や美容歯科を含む)
    4. 葬儀関係
    5. 質屋
    6. 育毛系商品、サービス
    7. 債務整理関係
    表現規制
    1. SALUS編集部がお薦めしているような表現は不可。
    2. 切り取り式のクーポンについては不可。SALUS持参による読者特典(入場料の割引やプレゼント進呈等)は可。
    3. SALUS編集部が、SALUSの編集方針や読者層にそぐわないと判断したものは不可。
  • ヒカリエ媒体
    業種規制 下記に該当する業種の掲出は不可となります。
    1. 東急カードの競合とみなす企業・サービス
    2. 百貨店業・小売業、並びにこれに類するもの
    3. ギャンブル
    4. 遊技場(パチンコ店、パチンコ機器メーカー及び麻雀店を含む)
    5. その他渋谷ヒカリエが不適切と認めたもの
      ※一部のインターネット事業やモバイルコンテンツ事業、演劇コンテンツについて、受けられない場合がある。
  • バス媒体
    1. TOKYU OOH広告掲出規則に準ずる。